1974

MVP アントニオ猪木

年間最高試合賞

アントニオ猪木 vs ストロング小林

3月19日/蔵前国技館/NWF認定世界ヘビー級選手権試合

敢闘賞
ストロング小林
技能賞
ジャンボ鶴田
新人賞
藤波辰巳
最高殊勲選手
ジャイアント馬場
努力賞
マシオ駒/山本小鉄/寺西勇
特別賞
マイティ井上

寸 評

 一年間を通じて、常にプロレスファンに話題を提供し続けたのはアントニオ・猪木であった。一月の600㌔、マクガイヤー戦、二月のアンドレ・ザ・ジャイアント戦、三月の小林戦、そして四月には第一回ワールドリーグ戦の開幕で日本人同士の激突(総当たり制)に踏み切り坂口と決戦。六月にはタイガー・ジット・シンの腕を折るという凄絶な戦いを見せ、八月にはカール・ゴッチとの実力世界一戦、ロサンゼルスで坂口と組んで北米タッグ選手権の獲得、十月の大木戦、十一月のザ・シークとのデスマッチ、十二月の小林戦、そしてブラジル遠征でのジャイアントとの大勝負と、日本人で八人目のグランオフィシャル勲章の受賞など、猪木は常にベストバウト候補になる内容のある試合を行った。
 またプロレスの話題作りで、一九七四年の日本プロレス界の発展に大きな貢献をした。プロレスの技量、実力も日本のトップと評価されるに十分なものを発揮しているのは衆目認めるところで、満場一致で〝MVP〟の受賞となった。

<続きを読む>
  • 左から寺西勇、マイティ井上、マシオ駒、ジャンボ鶴田、ジャイアント馬場、東スポ・井上社長、アントニオ猪木、山本小鉄、藤波辰巳、ストロング小林
  • 左からマシオ駒、ジャンボ鶴田、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、山本小鉄、藤波辰巳
  • アントニオ猪木
  • アントニオ猪木VSストロング小林
  • ストロング小林
  • 藤波辰巳
  • ジャイアント馬場
  • (右から)大仁田厚、ジャイアント馬場、サムソン・クツワダ
  • (左から)ジャンボ鶴田、アントニオ猪木、ザ・デストロイヤー、小林
  • (左から)旧交を温めるストロング小林、寺西勇、マイティ井上
  • ジャイアント馬場(右)とストロング小林
  • マシオ駒(中央奥)、山本小鉄(手前)の仲介で何やら話し込むジャンボ鶴田とアントニオ猪木
  • 八田一朗日本レスリング協会会長(左)と話し込むアントニオ猪木
  • 八田一朗日本レスリング協会会長(左)と話し込むジャンボ鶴田
  • マシオ駒
  • 山本小鉄
  • 寺西勇
  • 表彰式に向かうマイティ井上

[選考委員]白石孝次(記者)/門馬忠雄(運動部主任)/山田隆(運動部長)/高橋典義(事業局長)/井上博(社長)/針ヶ谷(編集局長)/猪狩(編集局次長)/桜井康雄(第二運動部)/長田基(記者)(順不同)

  • 左から寺西勇、マイティ井上、マシオ駒、ジャンボ鶴田、ジャイアント馬場、東スポ・井上社長、アントニオ猪木、山本小鉄、藤波辰巳、ストロング小林
  • 左からマシオ駒、ジャンボ鶴田、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、山本小鉄、藤波辰巳
  • アントニオ猪木
  • アントニオ猪木VSストロング小林
  • ストロング小林
  • 藤波辰巳
  • ジャイアント馬場
  • (右から)大仁田厚、ジャイアント馬場、サムソン・クツワダ
  • (左から)ジャンボ鶴田、アントニオ猪木、ザ・デストロイヤー、小林
  • (左から)旧交を温めるストロング小林、寺西勇、マイティ井上
  • ジャイアント馬場(右)とストロング小林
  • マシオ駒(中央奥)、山本小鉄(手前)の仲介で何やら話し込むジャンボ鶴田とアントニオ猪木
  • 八田一朗日本レスリング協会会長(左)と話し込むアントニオ猪木
  • 八田一朗日本レスリング協会会長(左)と話し込むジャンボ鶴田
  • マシオ駒
  • 山本小鉄
  • 寺西勇
  • 表彰式に向かうマイティ井上
AD 西 暦